ロングテールキーワードとは?探し方から効果的な戦略方法まで紹介!

尻尾の長い猫の画像 SEO
尻尾の長い猫
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、WEBTACT編集部の梅田です。

ロングテールキーワードを意識した記事作成を心がけていますか?ビックワードを狙ったSEO対策は非常に効率が悪く、また競合が多いので、上位表示は難しいでしょう。

そこでロングテールキーワードを意識した記事を作り出していくことで、少しずつアクセスを集めPV数を上げていきます。

ということで、今回はそんなロングテールキーワードについてお話します。

本記事の目標は、Web担当者がロングテールキーワードを意識した記事を作れるようになることです。

ロングテールキーワードとは

ロングテールキーワードとは、複数の単語の組み合わせにより検索されたキーワードのことを意味しています。

一つの言葉で検索されたキーワードのことをビックキーワードと呼ばれており、ビックキーワードを軸に2~3語の言葉の組み合わせたキーワードのことをロングテールキーワード(ニッチキーワード)

ビックワードとロングテールキーワードでは、ロングテールキーワードのほうがCVが獲得されやすいと言われています。

なぜなら、ロングテールキーワードではユーザーの検索意図が明確にされており、ユーザーが求めるコンテンツを作成していれば、CVに繋がりやすくなっている特長がありからです。

ロングテールキーワードコンテンツを積み重ねることで、確実にCVを獲得していくのがオウンドメディア運営において重要になってきます。

Amazonのような膨大な商品数を取り扱うようなECサイトにおいて、売上の80%はミリオンヒットや爆売れしたような商品が占めているのではなく、年に数回しか売れないようなニッチな商品がいくつも購入されることによって、全体の80%の売上がニッチ商品、残りの20%がミリオンヒットや爆売れした商品が占めています。

ロングテールは日本語にすると、「長い尻尾」という意味で、縦軸に売上、横軸に商品名を入れることで、グラフの全体像が「長い尻尾」のように見えたことから、ロングテール理論と言われるようになりました。

このロングテール理論をWebにあてはめることで、ロングテールキーワードと言われています。

Amazonの売上構成比のように、Webサイトへの集客の構成比もロングテールキーワードが80%、ビックワードが20%となるように運営することが一番望ましい状態になります。

それがロングテールSEOと呼ばれているSEO対策の正しい方法です。

ビックワードとは

ビックキーワードとは、検索される回数が多いキーワードのことを意味します。ビックキーワードは主に一語だけの単語です。

例えば、「車」、「パソコン」、「学校」です。

ビックキーワードによるSEOは一般的には非効率だと言われています。なぜなら、ビックワードの競合は多く、簡単には検索順位上位を獲得できません。検索上位表示を目指すには、かなりの資金と労力をつぎ込まないとほとんど不可能です。

さらに、「車」というビックワードは「何の車なのか?」「価格はどのあたりなのか?」などの詳細情報が分からないため、ユーザーの検索意図が明確になっていない可能性が高く、CVに繋がることは少ないです。。

また、ビックワードは単語一つだけでは何を知りたいのかわからないので、非常に曖昧な検索結果が表示されやすくなっています。

最近では、インターネットで検索慣れしているユーザーが増加しており、一単語だけで検索するということは少なくなっていると考えられるので、ビックワードによるSEOは非常に効率が悪いでしょう。

スモールワード

スモールワードとは、検索される回数が少ないキーワードのことを意味しています。引き続き車で例えると、「壊れかけの車」や「車 プリウス」などが挙げられます。

スモールワードの検索ボリュームは大体100~1000回と言われています。

ロングテールキーワードとの違いは、軸となるキーワードの検索回数がそもそも少ないということです。ロングテールキーワードは軸となるキーワードの検索回数は多いので、間違わないように気を付けましょう。

ちなみにですが、検索回数の多さで競合との競争は変化するというわけではありません。スモールワードでもビックワードと同じように、競争が激しくなる場合があるので、費用対効果の高いワードを抽出して、コンテンツを作成していくことをおすすめします。

ニッチワード

ニッチワードとは、キーワードの検索回数がそれなりにあり、競争が激しくないので、検索上位表示が比較的容易なキーワードことを意味しています。

競争が激しくないので、安定した集客を可能とするのがニッチキーワードの良いところです。

サイトへの安定した集客を実現するには、ニッチワードを発見することに専念すると良いと考えられます。

しかし、簡単には発見できないのがニッチワードです。コツコツとロングテールキーワードを意識したコンテンツを作成していくことで、ある日突然発見することになります。

ビックワードの専門家になってからSEO集客するのではなく、初めはニッチワードを意識したSEO集客を行うのが、オウンドメディア運営の基本です。

ロングテールキーワードの探し方とは

ロングテールキーワードの探し方は以前記事にしたキーワード選定とやり方はほとんど一緒です。

他のロングテールキーワードを探すためのツールは以下の通りになります。

  • related keywords
  • goodkeyword
  • キーワードプランナー

SEOやリスティング広告において、検索されるキーワードを発見しなければ、成功はありません。

ビックワードに基づいてロングテールキーワードを抽出し、コンテンツにしていくの繰り返しです。地道な作業になりますが、続けていくことでロングテールキーワードが生きてきますので、ロングテールキーワードを適切に抽出していきましょう。

ロングテールキーワードの3つの戦略方法

ロングテールキーワードには三つの戦略方法があり、キーワード単位の最適化、トピック単位の最適化、コーポレート型コンテンツ最適化です。

どちらの戦略を取るかによって、記事の作成方法や記事設計に影響が出てくるので、あらかじめ決めて置かなければなりません。

ということで、この3つの戦略についてご説明していきます。

キーワード単位の最適化

キーワード単位での最適化とは、ビックキーワードを補足するように、ロングテールキーワードの記事を一つ一つ積み重ねていき、良いSEO評価を得ることで、地道に記事を作成する方法になります。

キーワード単位の最適化は、従来型のやり方だと認識してもらっても構いません。キーワードごとに記事を最適化していくことで、競合の少ない市場で検索上位を獲得し、少ない流入を数多く得る方法になります。

ロングテールSEOの考え方に沿った戦略がキーワード単位の最適化です。

キーワード単位のメリットは競合が少ないので検索上位表示がされやすいということです。競合が少ないので、検索流入が得やすいのですが、似たようなコンテンツが出来たりして、管理が大変になるのがデメリットになります。

トピック単位の最適化

トピック単位の最適化とは、ビックワードを軸として、複数のロングテールキーワードをトピック単位でまとめ、一つの縦長ページを作成し、検索上位表示を目指す方法です。

例えば、「英会話」のロングテールキーワードを調べると以下のような検索結果が得られます。(一部分)

英会話のロングテールキーワードは「英会話 オンライン」に「おすすめ、比較、本、子供」の四つが取得ができました。

この四つを一つのトピック単位として扱い、一つの縦長ページにまとめるのがトピック単位の最適化になります。

メリットはそれぞれのキーワードで検索上位表示を狙えるだけでなく、ビックワードでも上位を取れる可能性が飛躍的に上がることです。

ビックワードの検索はユーザーの検索意図が明確ではなく、何の情報を求めているのかが分かりにくいと説明しましたが、実はGoogleにも明確に検索意図を理解することが出来ていません。

そこで、Googleのアルゴリズムにも理解できない検索意図に対しての解決策として、複数のキーワードに対しての情報がまとめられているページ(網羅型コンテンツ)がビックワードで検索上位として選ばれる傾向にあります。

もちろん、ただ情報が並べられているコンテンツだけでは上位は狙えません。ユーザーにも読みやすいライティングが前提で、どうしたら良い体験を与え、被リンクを獲得していくのかを考えなければなりません。

唯一のデメリットは、長すぎるコンテンツになってしまうので、情報のノイズが起きやすく、ユーザーがコンテンツに飽きてしまう可能性があるということです。

情報のノイズとは、ユーザーが欲しい情報を手に入れたいのに、他の情報がそれを邪魔することを意味します。

トピック単位の最適化コンテンツは出来れば、最強なんですが、上級レベルのライティング技術が必要になってくるので、再現性が低いのがトピック単位の最適化です。

コーポレート型コンテンツ最適化

簡単に言うと、キーワード単位の最適化とトピック単位の最適化両方ともやりましょうということです。

ただ、少しだけやり方が変わります。

ロングテールSEOの方法に従って、キーワード単位の最適化は通常通り行いますが、トピック単位では、キーワード型コンテンツを内部リンクとして活用します。

トピック型コンテンツは長文になり、ユーザーに情報のノイズを発生させがちになりますが、さらに詳しく書かれたコンテンツを内部リンクとして活用することで、解決できます。

コンテンツ同士の関連性を高めあうことで、SEOの評価を上げることができるので、非常におすすめな方法で、情報がきれいにまとめられるので、Googleクローラーにも優しいサイト構造が出来上がります。

まとめ

ロングテールキーワードとは複数のキーワードが組み合わせた検索キーワードのことで、ロングテールキーワードの探し方は、SEOキーワード選定の方法と一緒であること、キーワード単位の最適化、トピック単位の最適化、コーポレート型コンテンツ最適化と三つの戦略をご説明していきました。

ライティングに自信がないという方はキーワード単位の最適化、上級者レベルのライティング技術のお持ちの方はトピック単位の最適化を推奨いたします。

キーワード単位の最適化を主にやっている方は、少しずつコーポレート型コンテンツ最適化に移行することをおすすめです。

もっとロングテールキーワードについて知りたいという人は、私のTwitterをフォローしていただくか、お問い合わせして頂けたらと思います。

梅田 亮

大阪生まれ大阪育ちの20代。WEBTACT運用の担当者

保有資格一覧
・ウェブ解析士資格
・Googleアナリティクス個人認定資格
・Google広告認定資格

梅田 亮をフォローする
SEO
スポンサーリンク
梅田 亮をフォローする
WEBTACT

コメント

  1. […] […]