【2019年】新しいサーチコンソールでfeach as googleを使うには?

アイキャッチ画像 SEO
この記事は約7分で読めます。
「サーチコンソールでfeach as googleが使いたいのにもう使えない」
「feach as gooleが無くなって困っている!」

新しいサーチコンソールに仕様変更になってfeach as googleが使えなくなっていると思っていませんか?

 

feach as googleとは、GoogleクローラであるGooglebotがWebページの情報をどのように取得しているのかを表示することができたり、サイト運営者からページへの巡回をリクエストし、インデックスを促進できるウェブマスターツール(サーチコンソール)の機能です。

 

・インデックスとは?
インデックスとは、Googleの検索エンジンデータベースにページが格納されること。インデックスされることで、検索結果へ表示させられるようにできる。

 

以前は、旧サーチコンソールと新サーチコンソールの併用ができていたため旧サーチコンソール側でfeach as googleが利用できていましたが、2019年3月28日以降は機能が新サーチコンソールへ完全移行したため利用できなくなりました。

 

しかし、feach as googleの項目は無くなりましたが、「機能」としては新サーチコンソールに残っていることをご存知でしょうか?

 

ということで今回は、Feach as Googleの機能を新サーチコンソールで使う方法をご紹介します。

 

 

feach as googleの「機能」を利用するには

 

ページを新しく公開・修正した場合、新しいサーチコンソールに伝えるにはどうしたらいいのかというと、「URL検査」という機能を使えば解決できます。

 

URL検査選択画像

 

URL検査では、ページがインデックス登録されているのか、ページがモバイルフレンドリーなのか、サイトマップに検出されているか、前回クロール日など様々な情報を知ることができます。

 

URL検査を使うための操作は非常に簡単で、URL検査をクリックするか、上部のURL検査フォームを直接クリックし、該当するURLを入力することで使うことができます。

 

URL検査の使い方

 

URL検査フォームに状態を確認したいページのURLを入力します。

 

インデックス登録が完了されている場合は下記の画像のようになり、ページがインデックス登録、サイトマップに検出、モバイルフレンドリーなどの項目のチェックが完了していることがわかります。

 

URL検査結果画面

 

一方、インデックス登録などが行われていない場合は下記の画像のようになります。

 

インデックス未登録時の画面

 

インデックス未登録の場合は、「インデックス登録をリクエスト」をクリックすることでGoogleクローラへページをクロールすることを促します。

 

インデックス登録完了するまで大体1〜2分かかります。

 

URL検査ツール処理中画面

 

新しくページを追加した場合は、URL検査の機能を使用することで通常より早く検索結果に反映されます。

 

特に、芸能ニュースや事件、季節的なものなどのトレンドコンテンツを扱っているサイトではこのURL検査は必要不可欠な機能だと言えます。

 

また、ページを修正を行なったり、URLを変更などをした際は下記の画像のように「インデックスの登録リクエスト」をすることで、再びクロールを促すことができます。

 

URL検査結果画面

 

このようにfeach as googleのより少し作業が増えますが、URL検査がインデックス登録リクエストの代わりの機能として利用することができます。

 

この「URL検査」は「fetch as google」を完全に継承するものというわけではないと公式で言及されているため、今後どのように変化するかは注意しておかなければなりません。

 

URL検査チェックの結果について

URL検査チェックをするとインデックスが登録されているのか、未登録なのかを確認できますが、その他にもGoogleは以下のようなチェック結果を表示することがあります。

 

  • URLはGoogleに登録されています
  • URLはGoogleに登録されていますが問題があります
  • URLはGoogleに登録されていません。インデックス登録エラー
  • URLはGoogleに登録されていません
  • URLは代替バージョンです

 

URL検査チェックの結果の表示の意味は以下の通りになります。(公式一部抜粋)

 

・URLはGoogleに登録されています
URL はインデックスに登録されており、Google 検索結果に表示される可能性があります。ページ内で検出された拡張機能(構造化データ、AMP ページへのリンクなど)に問題はありませんでした。

 

・URLはGoogleに登録されていますが問題があります
URL はインデックスに登録されており、Google 検索結果に表示される可能性があります。ただし、ページに適用している拡張機能に問題があるため、検索結果に拡張機能が反映されない可能性もあります。これには、関連付けられた AMP ページに問題がある場合や、ページ上のリッチリザルト用構造化データ(レシピ、求人情報など)の形式が不適切な場合などがあります。

 

・URLはGoogleに登録されていません。インデックス登録エラー
重大な問題があるため URL をインデックスに登録できません。URL を Google 検索結果に表示させるには、検出された問題を解決する必要があります。

 

・URLはGoogleに登録されていません
この URL は Google 検索結果に表示されませんが、それはサイト所有者の意図によるものと Google は判断しています。よくある状況としては、ページがパスワードで保護されている、noindex ディレクティブが指定されている、正規ページの代替ページである(ページの代替バージョンはインデックスに登録されません)などがあります。

 

URLは代替バージョンです
この URL は、同じページの代替バージョン セット内の 1 つです。このようなグループには、AMP ページのペア、正規ページのペア、PC 版とモバイル版のペアなどがあります。インデックスに登録された URL は [インデックス カバレッジ] の [Google が選択した正規 URL] の項目で確認できます。

 

それぞれの表示に対して適切な対応を行わなければなりません。

 

対処法はSearch Consoleヘルプに掲載されているため、確認しておきましょう。

 

 

まとめ

新しいサーチコンソールに移行してから数ヶ月経ちますが、未だに「feach as googleの使い方」などの検索ボリュームがあるため、URL検査の使い方を知らない人が多いことが考えられます。

 

Googleが提供しているツールは一年間の間でも多くの細かい変更を施されているため、常に公式ヘルプを参考にして、Web集客・解析を行わなければなりません。

 

ジェイオンライン公式FacebookではWebデザインやGoogleなどについて常に新しい情報を発信しているため、「いいね」していただけたらと思います。

 

ジェイオンライン公式Facebookページへ移動する

梅田 亮

大阪生まれ大阪育ちの20代。WEBTACT運用の担当者

保有資格一覧
・ウェブ解析士資格
・Googleアナリティクス個人認定資格
・Google広告認定資格

梅田 亮をフォローする
SEO
スポンサーリンク
梅田 亮をフォローする
WEBTACT

コメント