読まれる記事作成のコツとは?【初心者ライター必見】

SEO
この記事は約11分で読めます。

こんにちは!WEBTACT編集部の梅田です。

「よし!記事作成しよう!」といき込んだまま、スマホをずっと触っていませんか?

初心者ライターにとって文章を書くというのは非常に嫌になることです。分かります。

しかし、文章を書かなければ記事なんてできません!。ということで、今回は記事作成のコツについてお話しします。

本記事の目標は、読者が記事作成のコツを身に着けることです。

記事作成の超基本!読まれる記事設計のコツとは【準備編】

「キーワード選定して、記事作成をいき込んでいたものの、何だかうまく文章が書けない…」

上記のようなことになったことはありませんか?

実は多くのWebライターは記事作成をする前にしっかりと記事設計を行ってから記事作成を始めています。

行き当たりばったりの記事は価値の低いコンテンツになりかねないので、記事設計をしっかりすることで、読んでほしい読者を決め、記事構成を考えています。

ということで、まずは記事設計のコツについてお話しします。

誰に向けての情報発信なのかを真剣に考える【ターゲット】

記事作成のする際は、誰に読んでほしいのかを考えなければなりません。マーケティング的にいうと、読者のターゲット層を決定し、具体的にどういう人に読んでほしいのかをペルソナ決定をします。

「できるだけ多くの人に読んでもらいたいから、ターゲットなんて決めたくない!」と思ってしまうのは仕方がないことですが、実は「誰にでも好かれるような記事」は誰にも読まれません。

私はそれを八方美人記事と呼んでいます。

ターゲットが明確になっていない記事はメッセージ性のない薄っぺらい内容になる傾向があり、当たり障りのないような記事になります。

結果的に、誰の心に突き刺さらない、誰にも読まれない記事が出来上がってしまうのです。

また、競合との差別化もできないので、記事自体の評価するポイントが完全になくなってしまいます。

反対に、ターゲットを絞った記事は読者の母数は圧倒的に減りますが、読者の心に突き刺さる文章や情報になるので、読んでくれる人の数は激増します。

読者を絞り込むことによって魅力的な記事が出来上がるというわけです。

読者が引き寄せられるタイトルを作る【35文字以内】

ターゲットを決めることが出来れば、次に記事タイトルを作成をします。文章を書いた後にタイトルを決める人がいますが、必ず文章を書く前に決めましょう。

タイトルを先に決めることで、記事の内容に方向性ができ、ブレを無くすことができます。というのも、記事の方向性がある程度決まっていると、書くべき内容も決まってくるからです。

タイトルがない状態で記事を書いていくと、自分の書きたいことを書くだけの記事になりかねません。

そして、タイトルの文字数は35文字前後を守りましょう。50文字、60文字とやたらと長いと検索したときに文字数の関係でタイトルが表示されないことがあります。

一番下のタイトルが「…」で省略されているのがお分かりになると思います。

タイトルが全て表示されないと読者に何を伝えたいのかが分からなくなるので、35文字前後を目標にタイトル付けをしましょう。

後、タイトルの左側にキーワードを盛り込むようにしましょう。

例えば。「Googleアナリティクス、使い方」のキーワードで記事を作成するとしましょう。この場合のタイトルは「Googleアナリティクス5つの使い方の徹底解説」のように左側にキーワードを入れるようにします。

左側に入れる理由は、タイトル非表示の対象とならないようにです。

読者を引き寄せられるタイトルのつけ方の具体例として、「~とは」、「~の方法」、「~の理由とは」などの文末表現や、「99.8%が大満足した~」「3ヵ月で6kgのダイエット成功」などの数字的表現、「知らないと損している~の方法とは」などの読者を煽る形のタイトルはクリックされやすいです。

しかし、記事の内容とあまりにも異なったタイトルは読者を不愉快に指せるので、記事の内容に沿ったタイトルをつけるようにしましょう。

記事内容の概要を分かりやすくディスクリプションに書く【100文字前後】

ディスクリプションは記事の概要説明です。Amazonで商品を購入するときに商品概要を読むと思いますが、それと一緒で読者も記事のディスクリプションを読みます。

どういう記事なのか、自分が欲しい情報なのかを見極めるためにディスクリプションは存在するので、できるだけ分かりやすく記事の詳細を記載することがディスクリプションを書く時のコツになります。

具体的には以下の構成でディスクリプションを書けば問題ありません。

  1. 読者への問いかけ
  2. 記事内容の詳細
  3. 読者へ行動の促し(記事の概要説明)

上記三つの構成で書いたディスクリプションが以下の通りになります。

キーワード:「SEO、記事、書き方」

タイトル:「SEOに強い記事の書き方とは?【記事設計が命】~テンプレ付き~」(22文字)

ディスクリプション:「SEOに強い記事の書き方を意識したメディア・ブログ運営をしていますか?SEOに強い記事が書けるかどうかは「記事設計」の段階で分かります。準備作業7割、執筆作業3割を意識します。本記事は記事設計を意識した書き方について解説しています。」(116文字)

キーワード:「ロングテールキーワード」

タイトル:ロングテールキーワードとは?探し方から効果的な戦略方法まで紹介!(32文字)

ディスクリプション:「ロングテールキーワードの意味をご存じでしょうか?ロングテールキーワードとは、3~4語からなる複合キーワードのことを意味しています。ロングテールキーワードは集客の80%を占めています。そんなロングテールキーワードについて探し方を知りたい方必見です」(122文字)

また、ディスクリプションには以下のことを気を付けて記述してください。

  • 選定キーワードを盛り込む(盛り込み注意)
  • 文字数は100文字~120文字
  • タイトルとディスクリプションはワンセットで考える

タイトルと一緒でディスクリプションも長すぎると省略される可能性がありますのでご注意ください。また、ディスクリプション単体ではあまり大きな効果を得ることはできません。

というのも、タイトルで惹きつけられた読者がディスクリプションを読むからです。いきなりディスクリプションを読む読者をあまりいませんので、タイトル最適化することで、ディスクリプションが役に立つということを認識しておきましょう。

記事構造を決定する【超重要】

記事設計の最後のコツは記事構造を作ることです。記事構造を簡単にいうと、記事の見出しを決めていく作業になります。

例えば、「SEOに強い記事の書き方とは?【記事設計が命】~テンプレ付き~」の記事構成は以下のようになります。

  1. 1.SEOに強い記事の書き方とは【記事設計が命】
  2. 1-1.キーワード選定
  3. 1-2.ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを捉える
  4. 1-3.タイトル・ディスクリプションの作成
  5. 1-4.記事構造の詳細設計
  6. 2.見出しタグの<h1>~<h6>、段落タグの<p>のルールを守ろう
  7. 3.文章構成は結起承転結を意識する
  8. 4.まとめ

記事構造のコツとしては、初めの<h2>ではタイトルの答えを書いていきます。それ以降の<h2>の内容は補足情報となります。いわゆるプラス情報です。

このような記事構造を意識していきましょう。

記事作成の文章技術のコツとは【実践編】

やっと記事設計が終わったところで、ついに記事作成段階に移りたいと思いますが、読まれる文章を作るというのは、非常に高いライティング技術が必要となってきます。

たかが文章を書くだけと鷹をくくっているかもしれませんが、ライティングは実に奥の深いものです。

  • Webライティング
  • コピーライティング
  • キャッチコピーライティング
  • セールスライティング
  • メルマガライティング

上記のように、ライティングというのは状況に合わせて書き方を変化させなければなりません。ただ文章を書くだけではないのが、ライティングです。

しかし、初心者ライターがいきなり、プロ並みの文章を書かなければいけないというわけではありません。初めはへたくそでも何度も経験を積み重ねなければなりません。

ただ、むやみやたらに文章を書けばいいというわけでもないので、私がおすすめするライティングの流れをお教えします。それが以下のようになります。

  1. ラフ文章の作成
  2. 文章校正
  3. 記事を読み返す
  4. 画像やリンクの差し込み
  5. 記事アップロード

上記のライティングの流れを繰り返していると、いつの間にかWebライティング技術は身に付けることができます。

特にラフ文章作成が一番重要な箇所となります。多くの初心者ライターはいきなり完璧な文章を求めて、記事作成しようと考えますが、初めはラフ文章でも構いません。

誤字脱字、文章レベル、言い間違い、言葉の使い方など何も気にせずに書いていくことライティングの基本です。

そして、「編集」というひと手間加えることで良い記事ができるので、順番に段階を踏んで記事を作成しましょう。

記事作成便利ツールをご紹介

良い記事を書くにはたくさんのツールを駆使することが非常に重要になります。ということで、私が日頃使用している便利ツールについてご紹介します。

Copycontent Detector

Copy content detectorとは、コピーや誤字脱字などを調査してくれるツールになります。記事を書いていると競合記事と似たような表現になってしまったりするので、Googleからコピーコンテンツと認識される可能性があります。

Copy content detectorでは、一行一行に対して、どこの記事のどの文章に似ているのかを数値に表してくれます。

例えばこちらの記事をCopy content detectorで調査してみましょう。

結果は下の画像の通りになります。

おおっと、コピーの疑いが出ていますね。

ということで、少し下にスクロールして…

ってWEBTACTの記事やないかい!

実はCopy content detectorではすでに公開されている記事全てを調査対象とするため、自分自信の記事をすでに公開している場合は、このような結果になります。

基本的には、記事を公開するまえにチェックしましょう。

ただし、Copy content detectorの無料版では4000文字までのチェックしかできませんので、文字数が超えるとなった場合は、分けて調査する必要があります。

分けて調査すると、全体評価に影響を与えるので、数値の信頼性が下がってしまいますが、目安として捉えておけば問題ないでしょう。

文字数カウント

記事作成には欠かせない文字数カウントです。

一記事1500文字以上がいいとか、2000文字以上が良いとかいろいろ基準はありますが、個人的には内容が濃ければ何文字でも構わないと考えています。

「じゃあ、なんで読まれる記事は文字数が多いの?」という疑問があると思いますが、結論をいうと「良い記事を書こうとしたら文字数が多くなってしまった」と表現するべきです。

読者のためにもっと詳しく分かりやすく書こうとすると、結果的に文字数が多くなってしまうのです。

文字数が多いから良い記事ではなく、良い記事だから文字数が多いということです。

しかし、今回の記事はどのくらいの文字数だろう?気になることがあると思うので、その時にチェックするためのツールだと考えていただけたら良いと思います。

文字数の多い記事を書けば、なんとなく「今回はこれだけ書けたから頑張った、次も頑張ろう」というモチベーションに繋がるので、確認する意味はあると考えています。

ヘッドラインチェッカー

ヘッドラインチェッカーは狙ったキーワードを調べることで、検索順位上位から順番にタイトルと記事内の見出しをチェックできるツールになります。

「記事作成 コツ」と打ち込んでみると以下の画像のように表示結果が得られます。

このように、タイトルと見出しを取得することができました。これでタイトルと見出しの決める作業がはかどりますね。

ヘッドラインチェッカーを使うことで、競合の記事構成がまるわかりになり、参考にしつつ、読者にとって読みやすい記事構成にしたり、情報を加えて、独自性の高い記事を作成しましょう。

ヘッドラインチェッカーの作者のTwitterです。興味ある方はフォローしましょう。

 

まとめ

最後に記事作成のコツを私なり一言でまとめさせていただきます。

いきなり完璧な記事完成を目指さず、少しずつ段階を踏んでコツコツと完成させていきましょう。

良い記事を量産できますように…。

梅田 亮

大阪生まれ大阪育ちの20代。WEBTACT運用の担当者

保有資格一覧
・ウェブ解析士資格
・Googleアナリティクス個人認定資格
・Google広告認定資格

梅田 亮をフォローする
SEO
スポンサーリンク
梅田 亮をフォローする
WEBTACT

コメント

  1. […] 読まれる記事作成のコツとは?【初心者ライター必見】こんにちは!WEBTACT… ロングテールキーワードとは?探し方から効果的な戦略方法まで紹介!ロングテールキーワードの意味をご存じでしょうか?ロングテールキーワードとは、3~4語からなる複合キーワードのことを意味しています。ロングテールキーワードは集客の80%を占めています。そんなロングテールキーワードについて探し方や戦略について解説しています。webtact.me2019.08.05 SEOに強い記事の書き方とは【記事設計が命】~テンプレ付き~SEOに強い記事の書き方を意識したメディア・ブログ運営をしていますか?SEOに強い記事が書けるかどうかは「記事設計」の段階で分かります。準備作業7割、執筆作業3割を意識します。本記事は記事設計を意識した書き方について解説しています。webtact.me2019.07.31 ユーザーにとって有益な情報って結局何?【難しく考えなくてOK】こんにちは、Webtact編集部の梅田です。 Googleはコンテンツ供給者であるブロガーや私たちのように企業のコンテンツマーケティング担当をしている人に「ユーザーにとって有益な情報」を要求してきます。 しかし、いったい「有益な…webtact.me2019.07.15 【2019年最新】Ubersuggestを使ったSEOキーワードの選定方法を具体的に解説効果的なSEOキーワードの選定方法をご存知でしょうか?本記事ではUbersuggestをメインに使ったSEOキーワードを抽出する方法について解説しております。検索順位上位狙っている人は必見です。webtact.me2019.07.26 […]