参照元が(direct)/(none)になるのはなぜか?【Googleアナリティクス】

アイキャッチ画像 アクセス解析
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、Webtact編集部の梅田です。

Web担当者であれば必ず利用していると言っても過言ではないのがGoogle Analyticsですよね。

Web担当者がアクセス解析をするのに必須のツールとなっています。

このGoogle Analyticsを利用していると、解析結果に「direct/none」と記載されていることがあります。人によっては「なにこれ?」と感じてしまうことでしょう。

direct/noneとはサイトへの参照先が分からないときに表示されます。つまり、どうやってサイトにアクセスしてきたのかが分からないときに表示されるものです。

今回は、どのようにアクセスしてきたか判断ができないdirect/noneが表示される理由や対策についてご説明します。

今回の記事の対象者は以下の通りです。

  • 流入経路の半分以上がdirect/noneの人
  • direct/noneを解明したい人
  • direct/noneが何なのかを知りたい人

記事を読み終わった後は、direct/noneの解決方法と全てがわかるわけではないということが理解できます。

Google Analyticsの参照元が(direct)/(none)になる3つの理由

それではなぜGoogle Analyticsでdirect/noneになるのでしょうか。

考えられる理由はいくつも存在しています。それらの中でも注目しておきたいものについてご説明します。

 URLで直接アクセスしてきた

わかりやすいものはURLで直接アクセスしてきたものです。何かしら参照元があるのではありませんのでdirect/noneになってしまいます。

ブックマークからのアクセスや手入力でURLを入力した場合のアクセスがこれに該当します。その他にも、ダイレクトメールなどでアドレスを直接クリックした場合もこれに該当します。

 SSLサイトからアクセスしてきた

SSLサイトとは、URLがhttpsになっているサイトのことを指します。

SSL化されているURLの画像

SSLは盗聴や改ざんを防ぐためにクレジットカード番号や個人情報などを暗号化してサーバーとサイト間を安全にやりとりするためのセキュリティ対策です。

SSLサイトは同じSSLサイトでなければデータを守ろうとして、セキュリティが動きます。一度SSLサイトからSSLされていないサイトへ情報が行き渡った場合、そのサイトから情報が漏洩する原因になる可能性があるからです。

なので、SSLサイトからの流入はdirect/noneとなるのです。

参照元を確認できない場合、特に多い理由がSSLサイトからのアクセスです。実際に私がアクセス解析をしてみても「SSLからのアクセスだろうな」と感じることは多々あります。

トップページなどアクセスが多いページがSSLに対応していない場合、SSLに対応したサイトからアクセスしてくることでdirect/noneが多発することがあります。

 ユーザー側がセキュリティ設定をしている

これはWeb担当者からはどうしようもないことですが、ユーザー側がセキュリティ設定でアクセス元を確認できないようにしていることがあります。

ユーザーも意図的にしているのではなく、ウイルス対策ソフトを入れた結果自動的に設定変更されていることもあります。

ユーザーのセキュリティ対策に対してWeb担当者が口を出せることはありません。この場合には、direct/noneになることは仕方が無いのです。

(direct)/(none)の対策すべき2つのこと

それではどのような対策をとれば良いのでしょうか。direct/noneへの対策でやるべき事をご説明します。

 全てのページをSSL対応にする

常時SSL対応していない場合、SSL対応サイトからのアクセスがdirect/noneになることはご説明しました。

言い換えるとSSL対応にしておけばdirect/noneではなく正しい値が表示されるということです。

「SSL対応はめんどくさい」「SSL対応は難しそうで嫌だ」などと感じている担当者の方もいることでしょう。

しかし、最近はブラウザがSSL非対応サイトであることを表示するようなこともあります。時代の流れ的にもSSL対応を進めることを検討しましょう。

サイトの安全性を示すことが、アクセス解析にも役立ちます。

 カスタムキャンペーンパラメータを付与する

Google Analyticsにはカスタムキャンペーンパラメータと呼ばれる仕組みがあります。

これは、URLに意図的にパラメータを埋込することで、どこからアクセスしてきたのかを把握するためのものです。

これを利用することで本来はアクセス元を把握できない「メルマガ」「QRコード」「メディア広告」などからのアクセスも正しく把握できるようになります。

カスタムキャンペーンパラメータを利用する場合には、例えばメルマガにはメルマガ専用の解析アドレスを利用しQRコードにはQRコード専用の解析アドレスを利用するなどの使い分けが必要です。

なお、カスタムキャンペーンパラメータの設定は難しいものではありません。

必須のパラメーターをURLに含むだけです。Google Analyticsの公式サイトにて解説されていますので参考にしてみてください。

アナリティクスヘルプ カスタム URL でキャンペーン データを収集する

(direct)/(none)になる理由は追い求めすぎないのも一つの対策

direct/noneが発生する理由は難しいものではありません。

上記で説明した通り分かりやすいものです。そのため、対策をすることで発生を大きく減らせる可能性があります。

Web担当者である以上、どこからどのようにアクセスしてきたのかを解析する業務は重要です。

それが売り上げアップなどにも繋がるからです。対策なしでdiret/noneを生み出すのはWeb担当者として一人前とはいえません。

最低限の対策は取れるように社内でも働きかけをしてみましょう。

しかし、Google Analyticsでdirect/noneになる理由は様々あります。そのため、必要以上にdirect/noneになる原因について追い求めても仕方がありません。

追い求めて過ぎて時間を無駄にしてしまうことは、Web担当者として避けるべきことであるとも認識しておきましょう。

「direct/noneの数はゼロにはならない」このことを意識しておくだけでも気持ちが楽になります。

まとめ

個人的な経験則ですが、direct/noneの正体の大半がSSLサイトからの流入であることが多いです。

direct/noneからの流入が半分以上でコンバージョン率が一番高い場合は参照元を解明すること求められます。

その一つの手段としてサイトをSSL化してみてはいかがでしょうか?

梅田 亮

大阪生まれ大阪育ちの20代。WEBTACT運用の担当者

保有資格一覧
・ウェブ解析士資格
・Googleアナリティクス個人認定資格
・Google広告認定資格

梅田 亮をフォローする
アクセス解析
スポンサーリンク
梅田 亮をフォローする
WEBTACT

コメント