WEBTACTについて

この記事は約3分で読めます。

WEBTACTはIT業界以外の中小企業のWeb担当者に向けた情報発信をしております。

 

IT業界以外のWeb担当者が社内からの信頼を得て、大活躍を目指す。

 

WEBTACTは株式会社ジェイオンラインのオウンドメディアとして2019年6月3日に運営をはじめました。

 

WEBTACTの運営理念は、「Webを通して「お問い合わせ増加」を目指し、Web担当者の社内から高い評価得ることで出世すること、web担当者の重要性を社内全員に認識してもらうこと」です。

 

IT業界では、Web担当者という職業には社内からの理解が得やすいのですが、IT業界以外の業界では、Webに対して不信感や本当に役に立っているのか疑問を持っている人がたくさんいます。

 

このように、日本にはWebを信じていない人が多くいる中で、Web担当者は業務をしなければなりません。

 

正直、つらいと思います。社内からは「あの人は一体何をしているんだろう?」、「毎日パソコンに向き合っているだけで、遊んでいるのではないか?」という悪い印象を持たれることがあるからです。

 

私たちはそんな課題を解決する方法はないだろうか?と真剣に考えました。その結果、Web担当者が大活躍すれば、社内からのWebへの信頼を与え、Web担当者は会社には必要不可欠な存在だと思わせることができるのではないかと結論に至りました。

 

しかし、Web担当者がどうやって活躍するのか?といった点ですが、Web担当者が活躍できない原因は、Webを通した集客やサイト改善をしたいけど、社長・上司がなかなか理解してくれないからだと考えました。

 

そのような現状を解決すべく、私たちは無料でできる、もしくは低予算でできるWebの改善方法に関する情報発信をしようとなりました。

 

少ない予算でWeb集客を成功に収めれば、社長・上司からのWeb担当者への信頼は厚くなっていくことでしょう

 

そして、大きな予算が必要とするサイト集客を行うときには、彼らの理解と信頼を得ているため、実行に移すことができます。

 

突然ですが、WEBTACTには「Webを通して機転(Tact)を効かした戦略でお問合せ(Contact)を増加させる」という意味があります。

 

「段階的に、Web担当者の価値を上げていく」が私たちの戦略です。

もちろん、Web担当者に役に立つ情報も発信しますが、Web担当者の悩みを解決する内容がメインです。

 

最終的には、Web担当者の社内での地位が上がり、出世していただくことも一つのゴールだと考えております。

 

私たちはWeb担当者は企業において、一番重要な職業だと考えており、それが社会の一般常識になって行くように私たちは活動していきます。

 

日本中のWeb担当者とともに、運営理念を叶えるメディアを目指していきます。

 

2019年6月3日 WEBTACT編集部 

スポンサーリンク
WEBTACT編集部をフォローする
WEBTACT