ランディングページ(LP)とは?効果絶大のおすすめWeb集客ツール!

記事のアイキャッチ画像 LP制作
この記事は約12分で読めます。
「ランディングページ(LP)って一体何だろう?」
「ランディングページと普通のホームページの違いはなに?」
「ランディングページを作る意味ってなに?」

 

ランディングページという言葉を聞いて、上記のような疑問に思ったのではないでしょうか?

 

ランディングページとは、主にWeb広告による商品キャンペーンやイベント告知などの販促活動のために利用される一枚ものの長いWebページのことを意味しており、略称としてLP、ランペなどと呼ばれている場合もあります。

 

他には、「様々なWeb広告やリンクをクリックした時に表示される、ホームページなどのサイトを含む1ページ目のWebページ」のことも意味しています。

 

ランディングページは「ネットを通して売り上げをあげるための必須活動」であり、ランディングページを広告で運用しただけで、お問い合わせが激増することもあります。

 

ということで今回は、売り上げを増加させることができるランディングページを成功を収めるために、最低限の基礎知識についてお話しします。

 

本記事の目標は、読者のみなさんがランディングページ(LP)について他人に話せるようになることです。

 

ランディングページ(LP)とは

「ランディングページは一体なに?」
「ランディングページは色々意味あるの?」
「ランディングページは具体的にはどんなもの?」

 

ランディングページとは、リスティング広告やYouTube広告などの様々な広告のリンク先ページのことを意味します。

 

ランディングページには狭義の意味と広義の意味を指していることがあるので、状況によって見極めなければなりません。

 

狭義のランディングページが「Web広告を活用した縦長の一枚ものWebページ」です。

 

Webマーケティングにおいては狭義の意味の方を指していることが多いです。

 

狭義のランディングページ(Web広告用)では、商品やサービスを売るために非常に多くの情報を掲載し、ページ訪問者に対して訴求していかなければなりません。

 

そのため、必然的に「縦長のWebページ」という特徴を持ち合わせております。

狭義のランディングページの事例

引用:LPOクリエイティブ改善支援ツール CVX | コンバージョンラボ

 

広義のランディングページは、「サイト訪問者が最初にアクセスしたページのこと」です。

 

Googleアナリティクスでホームページでサイト訪問者が最初に到着しているページの割合が高いのはどのWebページなのかをチェックすることができます。

 

 

ある会社名を調べた時に、トップページが最初に訪問されたならトップページがランディングページになり、会社概要が最初に訪問されたなら会社概要がランディングページとなります。

 

広義のランディングページの事例

引用:株式会社ジェイオンライン 事業案内ページ

 

広義のランディングページでは、商品やサービスを売ることを目的としていることは少ないので、短めのWebページになることが多いです。

 

しかし、最近ではコンテンツマーケティング(※)による記事が検索順位上位表示されるため、文字数が多い縦長ページになることもありますが、訴求力は高くないのが特徴です。

 

Web記事型ページ

引用:Webtact | LPOとは?なぜか誰もやらないお問い合わせ増加の簡単な方法

 

※コンテンツマーケティングとは「価値のあるコンテンツ」の制作・発信通して見込み客を育て、購買行動を促し、最終的にはファンになってもらうマーケティング手法のこと。

 

・狭義のランディングページは「Web広告を活用した縦長の一枚もののWebページ」
・広義のランディングページは「最初にアクセスしたページのこと」

 

二つの意味を持ち合わせているランディングページですが、基本的には狭義の意味で使うことが多いので、今回は狭義のランディングページについて解説しております。

 

なぜホームページとは別でWeb広告用のランディングページを作るのか?

 

「広義のランディングページと狭義のランディングページが二つの意味があるなら、ややこしいから一つにしてホームページ用とWeb広告用で一緒に使えば良くない?」

 

上記のような疑問をお持ちになったのではないでしょうか?

 

実は、ホームページとは別に、Web広告用でランディングページ(以下、ランディングページ)を作成するのには以下の3つの理由があります。

 

  • 特定のユーザーに対して最適化しやすい
  • 商品についての情報を一つのページに集約させることができる
  • デザイン性を高くすることができる

 

ホームページとランディングページとでは根本的に考え方が異なるので、それぞれ別々にしなければなりません。

 

それでは、3つの理由についてより詳しくご説明していきましょう。

 

特定のターゲットに対して最適化しやすい

 

ランディングページは、主に今すぐ商品やサービスが欲しいと考えている人がWebページへ流入します。

 

具体的には、広告主が指定したキーワードで検索されたり、商品やサービスに対して関連性の高いWebサイトや動画に広告が掲載されることで、購買意欲が高い人がランディングページに訪れるという流れになります。

 

ホームページの場合は広告主がキーワードや掲載先の関連性コンテンツの指定することができないので(広告ほどできない)、狙っているターゲット以外のWebサイトへの訪問が増えてしまいます。

 

そうなると、結果的に効率が悪くなるためにランディングページが必要になってくるのです。

 

商品についての情報を一つのページに集約させることができる

 

多くのホームページは自社の事業内容や会社概要などの幅広い情報をサイト訪問者に伝えるという役割を持っています。

 

ホームページはサイト訪問者の回遊性を重視している構成になっているため、情報が複数に分割されていることが多く、目的の情報を探す必要があるため、情報をうまく見つけられないことがあります。

 

一方、ランディングページは一つのことを深く情報を載せることで、ターゲット層への高い訴求を可能としています。

 

サイト訪問者にお問い合わせや購入などのアクションを起こしてもらうには、商品やサービスについての理解を深め、納得していただかなければなりません。

 

ホームページでは性質上の関係(※)で掲載できる情報が限られていますが、ランディングページでは売り出したい商品・サービスに関する情報を多く深く載せることで、サイト訪問者に理解を促し、納得していただくことが簡単になり、お問い合わせなどのコンバージョンを増加させることができます。

 

参考記事:Webtact | CVとは/コンバージョンとは | 意味とその改善手法について徹底解説!

 

※ホームページの役割は集客のみならず、採用や既存顧客への情報提供、株主への資料公開など多くの役割を担っているため、一つのことを深く情報を載せることは比較的難しい。

 

・ホームページは広く浅い情報で多くの人に自社のことを知ってもらう
・ランディングページは狭く深い情報でターゲット層に商品やサービスを購入・利用してもらう

デザイン性を高くすることができる

 

通常のホームページではSEO(※)を意識して、自社サイトが上位表示されるための対策をしなければならないので、画像を多用したWebサイトを避けなければなりません。

 

※SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字をとった略称で、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれている。検索エンジンに対しての対策を講じることで、上位表示を可能する強力なWeb集客方法のこと。

 

通常、Webサイトはクローラー(※)と呼ばれるプログラムがWebサイト情報(文字やリンク数)を読み取り、情報量、品質性、信頼性などを評価しています。

 

※Webページ内の情報を読み取るプログラムのこと

 

しかし、現状のクローラーには画像の内容までを読み取ることができません。

 

Webサイト内に画像があることを読み取りますが、その内容まで読み取ることができないため、SEOを意識する場合はデザイン性より、コンテンツ性を重視したWebサイトにしなければなりません。

 

結果的に、デザイン性の低いWebサイトができます。

 

しかし、ランディングページでは広告による集客を前提にしているため、SEOコンテンツ作りを意識しなくてもいいという特徴があります。

 

Web Design Clipを見ていただくとわかるのですが、ランディングページの多くはデザイン性の高いページが多くなっており、文字数やリンク数が少ない傾向があります。

 

ランディングページはどの広告媒体で使うべきか

 

ランディングページはPPC広告と呼ばれる媒体での利用が最適だと考えられます。

 

PPC広告とは、Pay Per Clickの略称で広告費の発生方法を表した言葉になります。

 

「Pay(支払う)、Per(〇〇ごとに)、Click(クリック)」、つまりクリックされるごとに広告費を支払う仕組みのことです。

 

PPC広告の代表例としてリスティング広告があり、Google広告やYahoo!広告などが有名です。

 

リスティング広告はGoogleやYahoo!の検索エンジンから検索キーワードを打ち込むことで、検索者にとってマッチした広告が検索結果に表示される広告のことです。

 

 

リスティング広告の特徴として、「今すぐ商品やサービスが欲しい!」と考えている検索者に対してアプローチすることです。

 

例えば、「畳、張り替え」と調べた時の検索者はどういった気持ちでいると思いますか?

 

「畳が汚れてきたし、そろそろ変えたい」や「経年劣化で畳がもう使い物にならないから変えたい」というふうに今すぐにでも畳を張り替えたい人が検索していると予想できます。

 

「今すぐにでも畳を張り替えたい!」と考えている検索者に対して、ダイレクトにWebページへ訪問させて、畳についての情報がたくさん載っているWebページに繋げることで効率的にお問い合わせ増加することができます。

 

「今すぐ欲しい客」にとって、ランディングページのような一つの商品やサービスについて深い情報を載せられているページは非常に好まれます。

 

検討段階の検索者はどれだけ多い情報量でもしっかりと読んでくれます。なぜなら本気で商品やサービスを購入・利用するかどうか迷っているからです。

 

検索者自身が「ここにしよう!」と考えるような決め手を欲しているため、訴求力を出せることが簡単にできるランディングページはPPC広告(リスティング広告)とは非常に相性が良いということになります。

 

もし、PPC広告を考えている場合はランディングページを新しく用意して確実に検索者の検索意図を読み取った内容にし、効率的にお問い合わせを増加させましょう。

 

ランディングページの参考デザイン

ランディングページの基礎部分を学んだところで、ここで参考デザイン集をご紹介します。

 

ランディングページの構成やデザインなどはいくつかのランディングページを参考にすることで、ある程度学ぶことができると思います。

 

Web Design Clipトップページ

Web Design Clip | Webデザイン制作の参考になるランディングページWebデザインのリンク集

 

ズロックトップページ

ズロックトップページ

ズロック | Webデザインのリンク集

 

【S5-Style】Webデザインギャラリートップページ

【S5-Style】Webデザインギャラリートップページ

【S5-Style】Webデザインギャラリー/Web Design Inspiration

 

LP advanceトップページ

LP advanceトップページ

LP advance | LP制作・Web広告に参考になるLPデザインまとめリンク集

 

まとめ

ランディングページとは、リスティング広告やYouTube広告などの様々な広告のリンク先ページのことを意味する言葉です。

 

ランディングページは広義の意味と狭義の意味があり、主にWebマーケティングでは狭義のランディングページを意味していることが多いです。

 

お問い合わせを増加させるリスティング広告などのPPC広告の必要ツールとしてランディングページを作成しなければなりません。

 

もし、ランディングページ作成・改善をご検討の際は本記事を参考にするか、もしくは直接私へTwitterのDMを送っていただけたらご対応いたします。

 

→梅田 亮(@webtact_umeda)へご連絡を!

 

梅田 亮

大阪生まれ大阪育ちの20代。WEBTACT運用の担当者

保有資格一覧
・ウェブ解析士資格
・Googleアナリティクス個人認定資格
・Google広告認定資格

梅田 亮をフォローする
LP制作
スポンサーリンク
梅田 亮をフォローする
WEBTACT

コメント